どうして、うつになったのか。その1~学生編

自己紹介の続きです。なぜ私は、うつになってしまったのでしょうか。

そもそも、うつは誰でもなる病気ですし珍しいものでもないですけどね。

生まれてから一番初めに近い記憶。小学校の一学期。

元々、気の弱い子どもであった私はとても緊張して新生活を迎えました。

そこで、あることにつまずきます。それは「給食」

今でこそやっと問題になってきましたが、担任の先生は「給食完食主義者」

一人前の量を昼休みが終わっても食べきれず、クラスメイトが掃除する中、

泣きながら喉に押し込みました。

5月の連休の頃には、不登校児に。

母は何とか学校に行かせようとしましたが、無理でした。

ほとんど小学校に通うことなく、私は転校しました。続く。