どうして、うつになったのか。~3社目

結局、金融事務に戻るのか~と思いつつ、3社目。そこは見事に「女の職場」でした。でもほぼ100%女性だと、いじめとかってないんですね。相性の悪い人はともかく。思ったよりサバサバしていたのが印象的です。

その頃には大学を出て、約10年を迎えていた私。先輩のちょっとした嫌味は聞こえないスキルをついに身につけます!……さすがに面と向かって嫌味を言われた日はショックでしたが。

「もう転職はしたくない」「履歴書書きたくない」何より、「親に心配されたくない」という強い意志を胸に気が付けば5年が経っていました。一緒に入社した同期は1年も持たづ、後から入ってきた子もどんどん辞め、ある年は離職率は50%近くにまで迫っていました。事務としては好条件の職場なのに、です。

「銀行の目の前にお客さまがいる事務に比べれば楽勝」という思いがあったのかもしれません。手を抜いてもいいところと、ここだけは確実に抑えなくてはいけないところがわかってきたのかもしれません。この会社で正社員になって、定年まで働くのも悪くない、そう思っていたはずでした。

でも、ある時ぽっきりと折れます。直接の原因は上の先輩からのちょっとした嫌がらせ。でも私の中に無理が貯まっていたのだと思います。「しっかりミスのないようにしなければ」「上席に認められなければ」という、自分を実物大以上に完璧に見せようとしていたんだと思います。

折れたこころは、もう戻れません。いかにここから離れるかのみを考え、再び休職します。コロナ第一波が落ち着いた、2020年初夏のことでした。そして今に至るまで休職は続いています。